映画「チェンジリング」を見た感想

Movie

こんにちはmotokiです。

映画「チェンジリング」を見ました。感想記事です。

僕は基本的に実話が好きで、ノンフィクションの方がリアリティーを感じられて満足感があるからなんですけど、このチェンジリングも実話です。

ロサンゼルスで実際に起ったゴードンノースコット事件(子供の連続猟奇誘拐事件)の被害者の母親の体験を元に作成された映画で監督はクリント・イーストウッド、主演はアンジェリーナジョリーです。

この2人が関係した映画って事だけでも、見たいと思った映画です。

実際見てどうだったかや、感想、おすすめできるかどうかをネタバレなしでお伝えできたらと思います。

(amazonプライムビデオの評価は、★5つ満点中の★4.5でした)

(You TubeからYOKOKUHEN MANIAさんの「チェンジリング」の予告編です)

映画「チェンジリング」を見た感想


チェンジリング [Blu-ray]

結論、個人的に★4.5の満足度をつけたい、凄くおすすめな作品です。

内容は、理不尽な出来事の連続に立ち向かうストーリーです。

思わぬ展開もあり、やるせなさや、憤りなど、物凄く感情を刺激してくれて、非常に見る価値がある映画だと思います。

もちろん内容からして、楽しいって表現はどうかと思いますが、終始ハラハラしながら見れたので、かなり満足できました。

理不尽さは、この時代だからこそなのか、とにかくひどいです。どのくらいひどいのかは、自分の目で確かめてほしいです。

それが全て実話って所がまた凄いですね。

時間はかなり長い映画なんですけど、すんなり見れますよ!

自分が被害者の立場だったら

クリント・イーストウッドは実際にあった事を、たんたんと映画で表現する監督らしく、映画だからといって、内容をオブラートに包んだ表現はしないそうです。

自分が主人公の立場ならって思いながら見たのですが、本当に感情を揺さぶられて、怒りがこみ上げました。その気持は見た後に共感してもらえると思います。

特に子供のいる方には、その感情がもっと伝わるのではないでしょうか。

主演のアンジェリーナ・ジョリーも子供のいる母親なので、この映画の内容を聞いて、最初はオファーを断ったぐらい、重い内容だったって事ですよね。ですが、監督の強い要望で、引き受けてくれたそうです。

この映画のアンジェリーナジョリー凄いよかったです。他にも有名な方も出演しているそうですが、ちょっと思い出せないぐらいにアンジェリーナジョリーがよすぎました。

クリント・イーストウッドの映画の中で

クリント・イーストウッド監督の中で、アメリカン・スナイパーも好きなんですが、僕はこのチェンジリングが一番好きな映画になりました。

戦争映画以外で、これほど、感情移入できた映画はなかったからです。

勧められてもなかなか見るのは億劫だったりしますが、これほどに感情移入できる映画は、なかなかないので、騙されたと思って是非見てみてほしい映画です!本当に騙されたとは、思わないと思いますよ!

それではまた次回に!


チェンジリング (字幕版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました