【U-NEXTで視聴】おすすめ映画「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」【ネタバレ一部あり感想】

Recommended

「映画「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」を見た感想をなるべくネタバレは少なく内容が知りたい」

こんな疑問を解消していきます。

映画「リベリオン ワルシャワ大攻防戦は史実のワルシャワ蜂起を題材にした戦争映画で、ポーランドの名作映画ですね!

ワルシャワ蜂起とは、第2次世界大戦で、ポーランドは、ドイツとソ連(現ロシア)に分割占領されていた時に、ドイツを倒す為に、ソ連がポーランドのレジスタンスに一緒にドイツと戦おうと呼びかけて、ソ連と一緒にドイツを倒そうと、ソ連と一緒なら「ドイツに勝てるかも!」と期待し、ポーランドレジスタンスがワルシャワ開放の為に、市民と蜂起したのが、ワルシャワ蜂起ですね。

ワルシャワ蜂起を題材にした映画は数多くありますが、これほどリアリティーがあって戦争の悲惨さが分かる映画はなかなかありません。

今回は、そんなリベリオンワルシャワ大攻防戦をU-NEXTで実際に視聴した僕が、ネタバレ一部ありで、上記の疑問を解消していきます。

U-NEXT”リベリオン ワルシャワ大攻防戦”

リベリオン ワルシャワ大攻防戦[ネタバレ一部あり感想]

2時間ぐらいあって、非常にポリュームがありますが、戦争映画でストーリーも非常によく、出だしの展開はやや遅いですが、その後は展開も早く、ストーリーにすぐにのめり込む事ができるので、ラストまで飽きずにあっと言う間に見る事ができます。

戦争がどれだけ悲惨な出来事だったのか、ワルシャワ蜂起がどんな内容だったのかが、本当にリアルに体験できる映画だと思います。

衝撃が半端じゃない映画で、結構爆破シーンとか吹き飛ぶシーンがかなりリアルなので、苦手な人には注意が必要ですね。

映画を見た後は放心状態になりました。しばらくは「かわいそうだったな」と言う感想しか浮かびませんでしたが、見てすぐよりも、しばらくたってから色々考えていると、時間差でよさが分かる映画ですね。

映画を見るまでは特にポーランドに興味があったわけではないのですが、ポーランドの歴史について調べてしまったりと、すっかりポーランド映画のファンになっていました。

ちなみに出演している俳優とか女優も知らない方ばかりでしたが、めちゃくちゃ演技がうまいので、登場人物にもの凄く感情移入してしまうので、そこもこの映画の凄い所だと思います。

特に主人公の演技もよかったのですが、恋人役のアラという人物の俳優の女性(ゾフィア ヴィフラチュ)の演技がめちゃくちゃよかったので、すっかりファンになりました。

内容は重く、悲劇の連続で、こうなってほしいという願いの気持ちは、ことごとく裏切られてしまうので、決してハッピーな映画ではありませんが、戦争の悲惨さを衝撃な内容で訴えた、見る価値のある非常におすすめな映画です。

(下記に一部ネタバレの部分があります)

あるシーンについて[一部ネタバレ]の部分

一つネタバレですが、終盤でドイツ軍が生きている市民を見つけて殺していくシーンで、主人公の恋人の女の子が、病院に残り、歴史上悪名高いと言われていた ナチスのカミンスキー旅団 に見つかって対面してしまうシーンがあります。

最後にも関係してくるので見た人に考えさせるって事なんでしょうけど、今でも忘れられないショッキングなシーンでトラウマです。

このシーンは今まで見た映画の中でも1,2を争うぐらいに、本当に嫌な気持ちにしてくれたので、本気で作りなおしてほしいぐらいです。

その後も絶望は続くんですけど、このシーンは個人的にかなりきつかったシーンでした。

下記の予告編は内容がかなり分かってしまうので、これから本編を見て見たいと思った方は、下記予告は見ない方がいいと思います。それでもどんな映画なのかどうしても知りたい方、もしくは見る予定のない方のみ視聴してみてください)

(予告篇はYouTubeからmoviecollectionさんがアップしている「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」の予告篇です)

映画の真実の部分

映画を最後まで見たあとに、ある2つの内容について、真実が知りたいと思い、全員必ずググると思うシーンがあります!!

そこがまた凄い映画でもあり、非常に考えさせられる内容でした。

繰り返しですが、内容は本当にかわいそうです。

ワルシャワ蜂起とは、戦争とは、これほど悲劇な事だと実感させられる非常にリアリティーのある名作だと思いますので、是非実際に、ご自分の目で確かめて見て下さい!

(2021年4月現在の情報ではリベリオン ワルシャワ大攻防戦はU-NEXTの見放題で見る事ができます。ただ見放題は常に更新されていくので、現在の情報は実際にU-NEXTの公式でご確認下さい)

コメント

タイトルとURLをコピーしました