売れる販売員になる方法を元アパレルの僕が教えます[1、声かけのコツ]

Work

売れる販売員になりたいな、、、。

こんにちはmocitolonです。僕はアパレルで10年以上働き、また人気ブランドの店長を4年ほど経験しました。そんな僕が売れる販売員に必要な事を7つ順番に伝えて売れる販売員になる方法を全7回に分けた記事です。

  • 1,声かけ
  • 2,名簿を書いてもらい、名刺を必ず渡す
  • 3,ポイントカードを作ってもらう
  • 4,ブランドネームを有効に使う
  • 5,自分のキャラを売りにする
  • 6,顧客は名前で呼ぶ
  • 7,定期的にDMを書いて、もらって嬉しいDMを送る

今回は1回目、声かけのコツについてです。

売れる販売員になる方法[声かけのコツ]

初めてアパレルや何かしら販売員で仕事をするのに、最初にやる事は、お客さんに声かけの練習ですね。

声かけのコツは声をかける時の言葉を決めてしまうことです。

まずは声をかける恐怖感とか、「何て言って声をかければいいのか分からない」と言った事にならないように、最初の声かけが、自然に当たり前にできるようにならないといけないわけです。

例えば、アパレルなら「よかったら広げてみて下さい!」めちゃくちゃ定番の、誰でも言いそうな言葉なんですが、それでOKです!!

なぜなら、声かけは、お客さんの反応を見るのが重要だからです。

もちろんハンガーにかかってる商品を見てるのに、「広げて見て下さい」だと訳分からないって思われるので、何を見てるかは気をつけないといけないのですが、かっこいい言い方とか、うまく言える声かけとかは基本は必要ないです!

声かけの目的

声かけの目的は、お客さんの反応を見る事です!

反応がまずはすごく大事で、ここで、お客さんの顔の表情や、アクションを見て、瞬時にこのまま声をかけ続けていいのかを判断するわけです。

にっこり返してくれたり、「分かりました」とか何か反応があればそのまま接客を続けてOKなわけです。

声をかけた後は、反応を見て、嫌そうな反応だったら、一度引くとか、攻めるタイミングを判断しましょう。

このお客さんの反応を見る事は、全てにおいて使えるので、声をかけるタイミングから声をかけた後のお客さんの反応まで、瞬時に分かるようになる為に、声かけの練習は普段からしておきましょう!

次回は2番目の名簿を獲得して、名刺を必ず渡す事について解説していきます!

それでは、また次回に!

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】会員募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました