アパレルのファーストアプローチの目的【売れる販売員になる方法1】

僕はアパレルで10年以上販売経験があり、また人気ブランドの店長を4年ほど経験しました。

そんな僕が売れる販売員に必要な事を全7回に分けてお伝えしていきます。売れる販売員を目指している方は是非見てみて下さい。

今回は1回目、アプローチについてです。

「ファーストアプローチの最初の声かけは何て言うのが一番いいのかな?」

アパレルでのアプローチでの最初の一言は「よかったら広げてみて下さい」これでOKですよ。よく最初の声かけで「よかったら広げてみて下さい」は素人くさくてNGだって言っている人の記事を見かけますが、アプローチの目的からすると間違いだと思います。

なぜならアプローチの最大の目的は、お客さんの反応を見る事にあるから。

なので最初のアプローチで、何て言ってファーストアプローチするかが重要なのではありません。ファーストアプローチはお客さんの反応を見る事が最初の目的です。なので「よかったら広げてみて下さい」など簡単で定番の言葉の方が、お客さんはどこでも言われなれているだけに、反応も分かりやすいです。

もちろんファーストアプローチのバリエーションとしては、他の言い回しもたくさんあった方がいいです。色々なお客さんに対して、臨機応変にアプローチできるように、色々な言い回しとして身につけておく事が大事なのは間違いありません。ただ、繰り返しですが、ファーストアプローチの最大の目的はお客さんの反応を見る事です!

スポンサーリンク

アプローチのスキル

声をかける効果的な言い回しのスキルの方を磨くのではなく、声をかけた時の反応を見るスキルを磨きましょう。

お客さんの顔の表情や、リアクションを見て、例えば、このまま声をかけ続けていいのか、それとも一度引けばいいのかを、瞬時に判断できるようにしていくわけです。

にっこり返してくれたり、「分かりました」とか反応があればそのまま接客を続けていいですよって合図ですね。声をかけた後は、反応を見て、嫌そうな反応だったら、一度引くとか、攻めるタイミングを判断するのですが、この反応を見ると言う事を目的が明確じゃないと、お客さんの細かい表情や、リアクションを見逃してしまいがちなんですよ。

ただ単に声をかけてアプローチではなく、どんな反応をするのかに、まずは全神経を集中させましょう。

それから、反応をしっかりと見て、次の言葉は瞬時に考えながら接客することで「このお客さんに自分は気に入ってもらえそうだ」とか、「この人に自分なら商品を買ってもらえそうだ」とかが、感覚で分かるようになってきます。

そうなるとアプローチに対して、凄く自信がもてるようになります。この自信は、どんなスキルよりも不可能を可能にする力を秘めているんですよ。アプローチからの流れが自分の思う通りの展開が続く事が、最初の頃に比べて、圧倒的に多くなると思います。

お客さんに声をかけた時の、反応をしっかりと見れるよう、お客さんの細かい反応を見逃さないように、瞬時に判断できるように、アプローチのお声かけの目的を明確にしながら、アプローチししていきましょう。アプローチでお客さんの反応を見れる事は、販売の全てのスキルに関係してくるので。

今回は以上になります。それではまた次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました