名簿を獲得して名刺を必ず渡す【売れる販売員になる方法2】

こんにちは!僕は10年以上アパレルで働いた経験があり、そんな僕が伝えたい売れる販売員になる方法をお伝えしていきます。

売れる販売員になるには、名簿獲得は必須です。積極的に名簿を獲得した方がいい理由は、自分の顧客になってもらう為と、将来的に自分から顧客さんへアプローチするためです。

名刺を必ず渡すのは、自分を覚えてもらう為や自分の事を強くアピールする為ですね。

どちらも凄く重要で、名簿を獲得したら、その時に必ず名詞も渡した方がいいです!

名簿を獲得する

売上を増やして売れる販売員になる為の名簿獲得なので、下記のように

  • たくさん買ってもらえるお客さん
  • 定期的に何か買ってくれるお客さん
  • プレゼントで何回か買いに来たお客さん

このあたりを狙いましょう。

具体的にどうやって獲得すればいいのかですが、ノベルティーとか何か与える物がない限りは、お願いして獲得していくしかありません。

たくさん買ってもらえるお客さんは、たとえ断られても、何回かチャンスがあれば、段階を踏みながら諦めずお願いしていく方法をとっていきます。

名簿の獲得は、やってみると思ったよりもずっと難しいですし、結構な確率で断わられると思います。

名簿を嫌がる理由

お客さんが名簿を嫌がる理由は名簿を書いても、いい思いをすることが少ないからです。いらないDMとかが分かりやすいですね。後はそもそも書くのが面倒な事なので反射的に断るとかも多いと思います。

なので、名簿を書く事を少しでもメリットに感じてもらわないといけません。名簿を書くとこんなメリットありますよってアピールが必要です。

「いい商品入ったら、誰よりも真っ先にお知らせします」とか、名簿を書くと、何か特別な事や、得な事があるかもしれないって思ってもらう事が大事です。

それでも断れれば、普通のお客さんなら引いてもOKです!

でもこの人は自分の顧客さんになってほしいと思うなら、最後のお願いって感じで「お礼の手紙だけでも出させてもらえませんか?」とダメもとでお願いしてみましょう!「まあ、そこまで言うなら、書いてあげようってもらえる事もあるので、言うだけ言ってみるのは凄く大事です。

「そんなの別にいらないいよ」って断られたら、「分かりました!すみません」ってさわやかに言って引きましょう!

断られても、ここでは絶対に残念がってはいけません!断ってわるかったかなってお客さんに思われないようにするためです。必ず当たり前のように、さわやかに言いながら引きましょう!

また次に前回名簿をお願いしたお客さんが、来た時に覚えていれば、商品を買ってもらった時に、再度、名簿をお願いしちゃいましょう。

どうしても顧客さんになってもらいたいお客さんに名簿を獲得したいなら、このくらいのねばりは必要です。お願いするだけなので、ポジティブにさわやかに、ねちっこくならないようにすれば、大丈夫です。コツは「断ってもいいですよ」って感じでお願いすることですね。

言い方は「ちょっと名簿書いてもらえませんか?」とか「名簿はやっぱりダメですよね?」とかでOKです。もうこのくらいの段階までいければ、軽く冗談のようにお願いできるので、断わられて当然って雰囲気で問題ありません。毎回お願いできれば、いつかは「しょうがないなー」って感じで作ってもらえる日が来ます!

ノベルティーとか何かすぐに与えられる物がない限りは、名簿獲得の秘訣は最後はこっちの熱意です!

名簿を獲得した後は、本当にあの時名簿を書いてよかったと思う行動を、これから将来に、お客さんに対して自分がしていかないといけません。

名刺を必ず渡す

名刺は最初の名簿をお願いした時に必ず渡しましょう。次回につなげる為です。名簿を実際に作ってもらった時にも必ず渡します。

正直名刺って渡してもあんまり見られないですし、一回目とかは、どこいったか分からないってレベルでほぼ見られてません。

なので何回かは繰り返し名刺を渡して自分をアピールしないと、自分の印象は0だと言ってもいいぐらいに覚えてもらえません。

後、名簿獲得の時はもちろん、それ以外でも、何か商品の問い合わせとか、欲しい商品を探したりとか、次に繋がりそうなお客さんには、名刺は必ず渡す癖をつけましょう!後々に必ず得します。

渡す時は「何かあれば僕に言って下さい!」と自分アピールはしておきましょう。

少ない確率ですが、アピールする事で、次問い合わせのお客さんが来た時に自分を指名してもらえる可能性は0ではありません。実際に来て買ってもらえる確率も名刺を渡す事で0が1になります。

名刺を渡す事で、必ず何かしら自分にとっていい事が将来的にはあるので、諦めずに地道に名刺は渡しておく事が大事です。簡単にできて、効果は間違いなくあるので。名簿を獲得したら必ず名刺は渡す

まとめ

名簿は売上を獲得する為の将来の自分の財産です。

これがないと顧客獲得につながらないので、売れる販売員になる事はまずできません。そのくらい名簿は大事です。

いかに自分から、いっぱい買ってもらえる顧客さんを増やすかが、名簿は重要になってきます。今回の名簿の獲得方法で、僕はいっぱい買ってもらえる顧客様をめちゃくちゃ獲得してきました。

正直、粘って名簿をお願いする人は少ないと思うので、今回の方法で名簿を獲得できるようになれば、売上獲得できる顧客を増やせるチャンスです。

お願いするコツは重くとられるとダメなので、あくまで軽い雰囲気を作る事が大事です。別に「断ってもいいですよ!」って雰囲気を作りましょう。

これができるようになると、顧客さんに何かお願いする時にも、役に立つようになるので、ぜひ実践してみて下さい!

名刺はお客さんへの自分アピールに必ず必要です。

とりあえず、渡しておくって感じでも少しは印象には残るので、効果はありますよ!

躊躇せず、どんどん渡していきましょう!渡す癖をつければ、将来の見返りはめちゃくちゃ大きいです!!

今回は以上です。次回は3のポイントカードを作ってもらう、です。それではまた次回に!

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】会員募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました