売れる販売員になる方法を元アパレルの僕が教えます[6,顧客は名前で呼ぶ]

Work

こんにちは、mocitolonです。僕は10年以上アパレルで働いた経験があり、そんな僕が伝えたい売れる販売員になる方法をお伝えしていきます前回5までお伝えしました。今回は6をやっていきます。売れる販売員を目指している方は是非見て下さい。

  • 1,声かけ
  • 2,名簿を書いてもらい、名刺を必ず渡す
  • 3,ポイントカードを作ってもらう
  • 4,ブランドネームを有効に使う
  • 5,自分のキャラを売りにする
  • 6,顧客は名前で呼ぶ
  • 7,定期的にDMを書いて、もらって嬉しいDMを送る

今回は売れる販売員になる方法、6回目、顧客を名前で呼ぶです。

売れる販売員になる方法[顧客は名前で呼ぶ]

人から自分の名前を呼ばれるって事は、嬉しいと思う人の方が圧倒的に多いです。

その嬉しいと思う気持ちを顧客に与える事ができるのが、顧客を名前で呼ぶ事です。

めちゃくちゃ当たり前の事なのに、効果は絶大です。

顧客を名前で呼ぶ事で、顧客と自分との距離をつめれて、親しみを感じてもらえますし、自分自信が顧客の名前を覚える事にも繋がります。

名前で呼ばれるって事は、凄く嬉しい事なんだとちゃんと意識しながら、顧客は必ず名前で呼びましょう。

顧客の名前を呼べないと自分も損をする

顧客の名前を呼べないと、顧客と自分との距離をつめるのに時間がかりますし、名前が分からないと、名簿に商品を記入する事もできません。

サンクスDMも送れないので、アプローチもできなくなって、自分が損をする事に繋がります。

なるべくそうならないように普段から準備も大事です。

顧客を覚えられるように普段から準備しておく

普段から顧客の名前を覚えられるように準備しておきましょう。

全ての顧客の名前を覚えるのは正直、無理なので、名簿を獲得した時に、何かキーワードを記入しておいたり、何か顧客の特徴を覚えて、来店した時に思いだせるようにしたり、普段から思い出せる方法を何かしら、準備しておく事が大事です。

ただ、名簿を確認するには、名前が分からないと調べられないですし、名前が全く思い出せず、分からない時が必ずあります。

そこで確実に名前を確認する方法があります。

確実に名前を確認する方法

一番確実なのが、商品を買ってもらった時に、クレジットカードを利用した時のカードのサインです!

カードを預かった時の名前を確認する事もめちゃくちゃ大事です。なぜならサインが読めない事もあるからです。

ここで、名前が分かったら、帰るまでには、顧客の名前を必ず呼びましょう。

ただし、ここで、注意点として、今カードの名前が分かったから、呼んだだろって顧客に思われては絶対にダメです!!

悪い例がサインもらった途端に名前を呼ぶとかです!

名前を覚えてないのに、今分かったから、名前を呼んできたんだなって思われるのが一番最悪なパターンで、せっかく名前を呼べたとしても、顧客を残念な気持ちにさせてしまう事になります。

ではどうすればいいか?

カードのサインとかお預かりの名前で顧客の名前が分かった時に、今分かって呼んだんだなって思われないやり方は、何か理由をつけて顧客の名前を呼ぶ事です。

例えば、例として「今度新商品が入ってくるんですけど、〇〇さんの好きそうな商品だったので、また入荷したら連絡しますね。」って感じで、何か理由をつけて、名前を呼べば、今分かったから呼んだんだなとは思われないです。

さらに入荷したら、連絡しますと伝えているので、しれっとアプローチにも繋げる事ができちゃいます。

この考え方が大事で、ようは名前さえ呼べばいいと言う事ではなく、前からあなたの名前は覚えてますよって顧客に思われる事が非常に大事です。

最後に、どのお客さんも名前で呼んだ方がいいのかどうか

最後に、名前で呼ばれるのが嬉しいなら、お店に来るフリーのどのお客さんでも、名前で呼んだほうがいいかと言うと、僕はちょっと違うかなと思います。

なぜなら顧客には、優越感とか特別感が必要だからです。

顧客になったから名前を呼ばれてるんだと優越感を感じてもらえたり、顧客だから、自分は名前を覚えてもらえて特別なんだなと思われる事で、嬉しさが倍増すると思うので。

なので名前で呼ぶのは、上記の理由から、顧客のみにした方が、効果があると思います。

いい意味でフリーのお客さんとは、差別化が必要って事ですね。

顧客がいないと大きい売上が達成する事ができないので、売れる販売員には顧客の心をつかむ事は凄く大事です。

その為にも顧客は名前で呼びましょう!!

今回は以上になります。次回は7,定期的にDMを書くです。次回で最後です。それではまた次回に。

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】会員募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました