Wi-Fiルーターの簡単な選び方[選ぶ時の基準とおすすめ3選]

Recommended

「Wi-Fiルーターがほしいけど、難しい用語が多く、何を基準にして選んだらいいのか分からない」

「種類も多く選ぶのが難しいので、失敗のないおすすめのWi-Fiルータが知りたい」

こんな悩みを解決していきます。

Wi-Fiルーターの簡単な選び方[選ぶ時の基準]

Wi-Fiルーターおすすめ3選

新しくWi-Fiルーターを購入しようと選ぶ時に、難しい用語が多く、何を基準にしていいのか分からずに凄く苦労してませんか?

この記事では、wi-fiルーターを簡単に選べるようになる基準と、おすすめ3選をご紹介します。僕自身wi-fiルーター選ぶ時に凄く苦労したので、同じ悩みをもつ方に向けてそんな悩みを解決していきます。

Wi-Fiルーターの簡単な選び方[選ぶ時の基準を解説]

結論、Wi-Fiルーターを選ぶ時は下記の基準で選べばOKです。

もちろん環境にもよるんですが、これから先も長く使えるWi-Fiルーターになる事は間違いないです。

  1. 通信規格、通信速度→Wi-Fi6 9.6Gbps
  2. プロトコル→IPv4 over IPv6(事前に契約しているプロバイダが対応か調べる必要あり)
  3. 間取り→一戸建てなら3階建て、マンションなら4LDK(とりあえず実際に住んでいる家よりも広めを選べば間違いなし)
  4. アンテナ→4✕4(アンテナ数が繋がりやすさに直結するので、多くの台数をwi-fiを使ってネットに繋げたい場合はアンテナ数が多い方がいい)
  5. 便利機能→ビームフォーミングとMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)

通信規格、最大速度

通信規格はWi-Fi6対応を選ぶべきです。

なぜなら一番最新の通信規格で、前の通信規格も全部カバーしていて、出せる最大速度が一番高速だから。

Wi-Fi6(ワイファイ)とは、正式名称はIEEE802.11ax(アイトリプルイー)で、6番目にできた最新の通信規格のこと。

wi-fiは通信規格の正式名称ではなくブランド名みたいなもの。

ルーターを選ぶ時にめちゃくちゃ分かりにくいのが、表記がIEEE802.11axと書かれていたりする時ですね。

IEEE802.11axって表記がされていればWi-Fi6のことと思ってOKです。IEEE802.11axのax部分がWi-Fi6のことを示しています)

ちなみにIEEE802.11acならWi-Fi5のことでIEEE802.11acのacがWi-Fi5のことを示しています。)

Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)は前のWi-Fi5やWi-Fi4も含まれているので、今使っているWi-Fiルーターから買い替えたとしても、同じように使えます。

Wi-Fi6なら2.4GHz/5GHzの両方の周波数帯も使えるので、前回の規格を全てカバーできます。

そのさいに例えばWi-Fi5だと2.4GHz帯を選んだ時は繋がりやすくなるものの、速度がおちてしまいましたが、Wi-Fi6は2.4GHz帯を選んだとしても5GHz帯と同じ速度なので、速度低下がありません。

なので、上記のようなメリットしかなく、これから選ぶなら間違いなくWi-Fi6にするべき

プロトコル

プロトコルはIPv6対応機種を選びましょう。その中でも必ずIPv4overIPv6対応機種が必須です。

なぜならIPv6未対応のサイトがあった時にIPv6接続しかできなければ、見る事ができません。しかしIPv4overIPv6ならIPv4しか対応していないサイトも見れるからですね。

IPv6とは、 インターネット・プロトコルバージョン6のことで一番新しいプロトコル(ひとつ前のプロトコルがIPv4)

IPとは、インターネット・プロトコルのことで、インターネットでデータをやりとりするための通信のルールのこと。

IPv6は回線の混雑を解消するために必要な事って思えば簡単だと思います。

現在の主流はIPv4ですが、こちらはもう回線が渋滞でいっぱいなので、別の道を作ろうって事でできたのがIPv6。

なので、IPv6の方が回線で混雑しにくく、繋がりやすくなって速度の上昇や、安定につながるのでIPv6対応機種を選ぶべきですね。

しかし、契約しているプロバイダがそもそも対応していないとIPv6は使えないので、事前に自分が契約しているプロバイダがIPv6に対応しているかは調べた方がいいですね。

間取り

間取りは一戸建てなら3階建て用

マンションなら4LDK用で

今現在住んでいる家よりも広い家を想定して選べば間違いない

一人暮らしならそこまで気にする必要はない

アンテナ数

アンテナは受信用と送信用の数(多い方が繋がりやすさに影響する)

4✕4が最高スペック

もしくは3✕3でもOK

一人暮らしなら2x2でも困らない

家族が多かったり、つなぐ機種が多ければ必須

便利機能

便利機能でほしい機能はビームフォーミングとMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)

ビームフォーミングとは?

特定の機器に強く電波を飛ばす技術です。

簡単に言えば、今使っている機種が繋がりやすく速度が上昇するです。これはほとんどのwi-fiルーターに備わっているのですが、ほぼ必須といえる機能です。

MU-MIMOとは?

ビームフォーミングと組み合わせる事で、電波干渉をおこさずに、複数の信号を送る通信が可能になり、同時に複数の端末へ同時に送信する事ができる。

簡単に言えば、同時にたくさんの機種に繋がりやすくなるです。

こちらもビームフォーミングとセットになっている事が多いので、大体ついているのですが、ビームフォーミングと同じく必須の機能だと思います。

Wi-Fiルーターおすすめ3選

wi-fiルーターおすすめ3選は下記の通りです。基準を満たしているスペックの高い順です。

Archer AX73

スペックは基準を充分満たしていて、現在最強のwi-fi6ルーターだと思います。値段が2021年3月現在で、13,600円と割高ですが、それ以外は申し分ないスペック。値段が許されれば、これからも長く使えるので、購入して間違いなしです。

通信規格→Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax
プロトコル→IPv4 IPv6
最大速度→5 GHz: 4804 Mbps(Wi-Fi6接続時)
間取り→4LDK
アンテナ数→6
便利機能→ビームフォーミング


Archer AX10

wi-fi6対応で、値段が2021年3月現在、5,680円とかなりお求めやすい価格で、手を出しやすいwi-fi6のルーターになります。スペックはプロトコルがIPv4なのが残念以外は問題なしなので、気軽にwi-fi6対応ルーターを試してみたい方に大変おすすめです。

通信規格→Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax
プロトコル→IPv4
最大速度→5 GHz: 1201 Mbps 2.4 GHz: 300 Mbps
間取り→3LDK
アンテナ数→アンテナ4
便利機能→ビームフォーミング

Aterm WG1200CR PA-WG1200CR

こちらはwi-fi6対応ではないのですが、wi-fi5対応で、一人暮らしで、とりあえず早めのwi-fiルーターがほしい方におすすめです。値段が2021年3月現在3,289円からになっています。こちらは僕が昔使っていたのですが、正直スペックに困る事はないレベルで、とにかく安いwi-fiルーターを探しているなら、コスパはいいのでおすすめです。

通信規格→Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac
プロトコル→IPv4
最大速度→5GHz 867Mbps 2.4GHz帯 300Mbps
間取り→3LDK
アンテナ数→2x2
便利機能→ビームフォーミング

以上簡単に選べる基準とおすすめ3選をご紹介しました。
wi-fiルーターは選ぶ時の専門用語が分かりにくいので、少しでも購入のお役にたてたら幸いです。
それではまた次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました