簡単にwi-fiルーターを選びたい【専門用語が分かれば簡単です】

Recommended

 

新たにwi-fiルーター購入しようと思った時に、難しい用語が多く、何を基準にして選んだらいいのか分からずに凄く苦労してませんか?

「wi-fiルーターがほしいけど、専門用語が多くて、カタログを見てもスペックがよく分からない」

「一体何を基準にして選んだらいいのかよく分からないので簡単に選べるようになりたい」

 

この記事では、wi-fiルーターの難しい用語を解説して、購入する時に簡単に選べるようにしていけたらと思います。

僕自身wi-fiルーター選ぶ時に、専門用語が多くて、カタログのスペックを見ても何がいいのか全く分からずに凄く苦労したので、同じ悩みをもつ方に向けてそんな悩みを解決していきます。

 

簡単にwi-fiルーターを選びたい【専門用語が分かれば簡単です】

 

簡単にwi-fiルーターを選ぶには、専門用語が分かれば簡単です!

難しいwi-fiルーターの専門用語が分かれば、カタログを見た時に、どんなスペックなのかが一発で分かるようになるので、選ぶ時に凄く簡単に選べるようになります。

でもよく分からないくていいので、すぐに簡単に選びたい!そんな方は、下記のスペックで選べば大丈夫です。(もちろん環境にもよるんですが、これから先も長く使えるwi-fiルーターになる事は間違いないので。)

 

  1. 通信規格、通信速度→IEEE802.11ax=wi-fi6 9.6Gbps
  2. プロトコル→IPv4 over IPv6(事前に契約しているプロバイダが対応か調べる必要あり)
  3. 間取り→一戸建てなら3階建て、マンションなら4LDK(とりあえず実際に住んでいる家よりも広めを選べば間違いなし)
  4. アンテナ→44(アンテナ数が繋がりやすさに直結するので、多くの台数をwi-fiを使ってネットに繋げたい場合はアンテナ数が多い方がいい)
  5. 便利機能→ビームフォーミングとMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)

 

ここからは、実際に簡単に選べるようにする為に、難しいwi-fiルーターの専門用語を順番に解説していきます。

通信規格、最大速度

 

wi-fiルーターを選ぶ時に、一番に重視する事は速度ではないでしょうか?

wi-fiルーターの速度で重要なのが、通信規格、最大速度ですね。

 

最新の通信規格で一番速度の早いWi-Fi6を選べばOKなんですが、ここで選ぶ時に最も分かりにくいのがIEEE802.11axと表記されている時ですね。

こちらはwi-fiの正式名称ですが、正直初めて見た時に、何の事だか分かりません。IEEEの部分はアイトリプルイーと読みます。

IEEE(アイトリプルイー)とはInstitute of Electrical and Electronics Engineers(インスティテュート オブ エレクトリカル アンド エレクトロニクス エンジニアズ)の頭文字を取った略です。めちゃくちゃ分かりづらいですよね。

 

IEEE802.11axって表記がされていればwi-fi6のことです。

IEEE802.11axのaxの部分がwi-fi6のことを示しています。ax=wi-fi6

なので、IEEE802.11が正式名称なのですが、wi-fiと言う表記の方が一般的には分かりやすいとの事でwi-fiと言う名称が使われてるとの事です。

(ちなみにwi-fiと言う表記はブランド名みたいなものです)

補足としてIEEE802.11の802.11の数字部分は策定する無線LANの規格との事で、wi-fi6もwi-fi5も数字部分の表記は変わらないので、選ぶ時には、あまり気にしなくていいかと思います)

 

そして、IEEE802.11acならwi-fi5のことです。

IEEE802.11acのacの部分がwi-fi5のことを示しています。ac=wi-fi5

 

ここまで分かると、今現在使っているwi-fiルーターは、どの世代のwi-fiなのかが分かると思いますので、早速調べて見る事をおすすめします。

大体の方が昔からwi-fiルーターを使っているとすれば、wi-fi5対応のルーターが多いと思います。wi-fi6でもwi-fi5でもなければ、もっと古いwi-fiかもしれないので、新たに購入を検討した方がいいかもしれません。

wi-fi6の特徴として、wi-fi5で一部の機種で対応可能だった2.4GHz帯/5GHzの両方の周波数帯もwi-fi6は使えるので安心です。

wi-fi6(IEEE 802.11ax)は前の企画であるwi-fi5やwi-fi4の企画をカバーできるので、例えwi-fi6の機能を今使えないとしても、今使っていた古いwi-fiルーターの機能は、ちゃんと同じように使えます。

これから先wi-fi6に対応した機種になれば速度も向上するので、ほぼメリットしかないのではないでしょうか。

”IEEE802.11ax”と表記されていればwi-fi6”の事

”IEEE802.11ac”と表記されていれば”wi-fi5”の事

専門用語が分かれば、今使っている機種を調べる事も、これから新たに購入する時も、簡単ですね。

プロトコル

プロトコルも非常に分かりにくい用語ですね。

これも知らなければ何の事だかさっぱり分かりません。

(よくIPと表記されている事が多いです。IPとはインターネット・プロトコルのことで、インターネットでデータをやりとりするための通信のルールのこと)

なのでプロトコルは通信のルールと思っていいと思います。

Wi-Fiルーターを選ぶ時のプロトコルの選び方はIPv6対応機種と表記されているものを選びましょう。

IPv6とは、 インターネット・プロトコルバージョン6のことで一番新しいプロトコル(ひとつ前のプロトコルがIPv4)

IPv6は回線の混雑を解消するために必要な事って思えば簡単だと思います。

その中でもIPv4overIPv6対応機種がおすすめです。

なぜならIPv6未対応のサイトがあった時にIPv6接続しかできなければ、見る事ができません。しかしIPv4overIPv6ならIPv4しか対応していないサイトも見れるからですね。

現在の主流はIPv4ですが、こちらはもう回線が渋滞でいっぱいなので、別の道を作ろうって事でできたのがIPv6です。

なので、IPv6の方が回線で混雑しにくく、繋がりやすくなって速度の上昇や、安定につながるのでIPv6対応機種を選ぶべきですね。

ただし、契約しているプロバイダがそもそも対応していないとIPv6は使えないので、事前に自分が契約しているプロバイダがIPv6に対応しているかは調べておいた方がいいですね。

間取り

間取りとして表記されている部分は家の間取りの事で、対応しているWi-Fiルーターの繋がりやすさに関係します。

なので間取りと表記されている項目を選ぶ時は、一戸建てなら3階建て用、マンションなら4LDK用で今現在住んでいる家よりも広い家を想定して選べば間違いないです。

一人暮らしなら、すぐそばでWi-Fiルーターを使うと思うので、そこまで気にする必要はない項目ですが、基本的に、間取りは広めを選んでおく方が安心です。

アンテナ数

アンテナと言う表記はは受信用と送信用の数(多い方が繋がりやすさに影響する)です。

4が最高スペックです。

もしくは33でもOKです。

一人暮らしなら2x2でも困らない。

家族が多かったり、つなぐ機種が多ければ、アンテナ数が多くないと繋がりやすさに直結するので、必須の基準です。

なるべくアンテナ数が多いものを選んだ方がいいでしょう。

便利機能

便利機能は最初はあまり恩恵を感じなくても、後々、あってよかったと思える項目です。

なので、ほしい機能はビームフォーミングとMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)です。

 

✔ビームフォーミングとは?

特定の機器に強く電波を飛ばす技術です。

簡単に言えば、今使っている機種が繋がりやすく速度が上昇するです。これはほとんどのwi-fiルーターに備わっているのですが、ほぼ必須なので、購入する時は是非とも取り入れましょう。

✔MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)とは?

ビームフォーミングと組み合わせる事で、電波干渉をおこさずに、複数の信号を送る通信が可能になり、同時に複数の端末へ同時に送信する事ができる。

簡単に言えば、同時にたくさんの機種に繋がりやすくなるです。

こちらもビームフォーミングとセットになっている事が多いので、大体はついているの項目ですが、ビームフォーミングと同じく繋がりやすさに影響するので、購入時は便利機能としてほしい機能ですね。

 

以上、簡単に選べるようにwi-fiルーターの、専門用語を解説してきました。

専門用語が分かれば、選ぶ時のスペックが分かるようになって、確実に今よりもwi-fiルーターを簡単に選べるようになると思います。

 

「最後に専門用語が分かった所で、おすすめのWi-Fiルーターについての記事をご用意していますので、こちらもよかったらご覧ください!」

おすすめwi-fiルーター厳選3選【2021年】
今使っているwi-fiルーターが遅く感じたりしていませんか? 「wi-fiルーターが欲しいけど、どれを選んでいいのか分からない」 「種類も多く選ぶのが難しいので、なるべく失敗のない、おすすめのwi-fiルータが知りたい」 こんな悩みを解決していきたいと思いますので、選ぶ時の基準と、厳選して選んだおすすめ3選をご紹介します。

 

今回の記事で、難しいwi-fiの専門用語が分かって、簡単にwi-fiルーターを選べるように、少しでもお役に立てたら幸いです。

それではまた次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました